マンガ

マンガ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」が面白い

マキヒロチさんのマンガ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」を1巻試し読みしたら(私は、dブックで読みました)面白くてハマってしまいました!

2015年から連載されていて、最新6巻まで発売されています。

2016年にドラマ化もされたようで、人気のある作品なのでしょうね。

私はマキヒロチさんのマンガを初めて読みました。

 

どんなお話かというと

吉祥寺で(交通事故でお亡くなりになったご両親の後を継いで)不動産屋さんをしている双子の都子サンと富子サン。

二人の元に吉祥寺にお部屋を探しているお客さんがやって来ます。それぞれ、事情や悩みを抱えているようです。

お店に入ると同じ顔のフランクな接客の2人に戸惑い、来店したことを後悔します。

初めは、お客さんの意向通り吉祥寺のお部屋を紹介しますが、しっくりこないのを察して『吉祥寺やめよっか?』と、違う土地へ強制的(笑)にご案内します。

この2人のすごいのは、その人に合う土地と物件をお客さんとの会話から見極めて紹介するところです。

そこに住んだらどんな生活を送ることが出来るのかイメージさせるのがとっても上手です。

その土地や物件の魅力がマンガを読んでいる私にも伝わってきて「そこに行ってみたい」と思わせてくれます。

知っている土地が出てきたら、「そうだよね~ココ、良いよね」と、共感も出来て楽しめます。

 

美味しそうな物と優しい言葉

物件のある土地を歩いている時に重田ツインズとお客さんの『もぐもぐタイム』があります。

その土地で食べられるスイーツを2人がお客さんにご馳走してくれます。

お客さんは、そんな不動産屋さんはいないのではじめは遠慮しますが

優しい言葉をかけてもらって、素直にご馳走になります。

美味しい物と優しい言葉のおかげでそれぞれ前向きになって新しい土地で新生活を始めていきます。

画像参照:吉祥寺だけが住みたい街ですか?①巻

 

マンガのなかで登場するスイーツのお店は、実在するので実際に食べに行くことも出来るのも嬉しいです。

こんなに具体的に書けるのって、すごい!!と、思っていると面白い記事を発見しました。

マキヒロチの蔵前取材に密着!物語を生み出す取材の極意とは

どんな風にマンガが出来るのか知ることができます。

 

この後、どんな人や土地やスイーツや物件が出てくるか楽しみにしながら6巻まで一気に読みたいと思います!!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
ABOUT ME
アバター
くま子
アラフォー&シングルウーマンのくま子です。 お仕事は接客業にも関わらず、会話の中で固有名詞ではなく「あれ」「それ」が増えてきた今日この頃... 日常の出来事で、少しでも『キラキラ☆彡と心に留まった事』をピックアップしてブログに記録する事で脳トレになればと思っています。