マンガ

「スラムダンク」新装再編版5巻6巻も良かったです

一度、読み始めたらとまらない。一気に6月発売分の「スラムダンク新装再編版」6冊読み終わってしまいました。ついに「チーム湘北」のメンバーが揃いました。

 

5巻カバー表紙は、入院していた2年生「宮城リョータ」くんとマネージャーの彩子さん。

彩子さん、ちょっと当時と雰囲気が違う感じがします。

5巻は、少年マンガ感満載です。

途中から、みんな血みどろです。大事なシーンかと思うのですが私は、怖くてササッと思わずページをめくってしまうところがありました。

いつも頭から流血してますが、流川くんは大丈夫なんでしょうか?

 

5巻・私のお気に入り

 

5巻は、宮城リョータくんや三井寿くんが登場してきます。

チーム湘北ができるまで、事件が起きるのですがその際バスケ部以外に活躍するのが「桜木軍団」です。

花道くんが、バスケに一生懸命になっているのを冷かしながらも応援している仲間たちです。

ケンカになりそうな不穏な空気を感じても、花道くんに関わらせないように話す洋平くん。

バスケ部に用のあるガラの悪い面々に「体育館」の場所を聞かれても絶対に言わない野間くん。

体育館に乗り込んでバスケ部を助けに向かう桜木軍団。

         参照:スラムダンク新装再編版5巻 

 

 

その後も桜木軍団の粋な計らいによって、バスケ部は処分をうけることなくインターハイ県予選に参加できました。

みんな男らしい!!いざという時の友情に感動です。

 

 

 

 

 

6巻のカバー表紙は、挫折中の三井寿くんと桜木軍団。

三井くんは最初、花道くんに髪の長さから「女男」と呼ばれました。

バスケ再開と同時に短髪になってイメージがガラリと変わります。

 

6巻私のお気に入り

6巻は、安西先生のあの有名な名言、三井くんのあの言葉が出てくる場面が載っています。

 

そんな中で私が『カッコいい』と思ったは、メガネくんこと副キャプテンの小暮くんです。

湘北のアメとムチの「アメ」で、個性的なメンバーをうまく褒めながらまとめるチームの癒し系?男の子だけどお母さん的な小暮くん。(ムチは、赤木キャプテン。)

1年生の時にケガで入院した三井くんのお見舞いに行っていたり、体育館での乱闘の時も「また、一緒にやろう」と言える優しい小暮くんが

三井くんに反発されても、訴える熱い姿が印象的でした。

その後、「バスケをしたい」本心を明かした三井くんも加わって「チーム湘北」のメンバーが揃います。

 

インターハイ県予選の初戦、赤木キャプテン以外主要メンバーは試合に出してもらえませんでした。

その時の安西先生

 

先生、可愛いです。

その後、条件を出して       参照:スラムダンク新装再編版6巻

 

出場させてくれました。安西先生、一枚上手ですね。 

 

花道くんは、5ファウルで退場になってしまいますがチームは順調に勝ち進み次は、決勝リーグ進出をかけての試合となります。

花道くんは、悩み中ですが次の試合がどんな試合になるのか楽しみです。(以前、見たのを忘れているので、今回また新鮮な気持ちで読んでいます。)

 

再編版第2弾は、7月2日発売なのでそれまでこの6冊を読みつつ楽しみに待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ABOUT ME
アバター
くま子
アラフォー&シングルウーマンのくま子です。 お仕事は接客業にも関わらず、会話の中で固有名詞ではなく「あれ」「それ」が増えてきた今日この頃... 日常の出来事で、少しでも『キラキラ☆彡と心に留まった事』をピックアップしてブログに記録する事で脳トレになればと思っています。