いろいろ感想文

原作者が好きで見ていた2018年・春ドラマ

 

2018年・春ドラマは「コンフィデンスマンJP」「あなたには帰る家がある」「花のち晴れ」この3つのドラマは、好きな脚本家、小説家、漫画家さんの原作だったので最終回まで見ていました。

 

コンフィデンスマンJPの好きな回

古沢良太さん脚本の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」。

長澤まさみさん、小日向文世さん、東出昌大さん演じるダー子、リチャード、僕ちゃんの3人が信用詐欺師で欲望にまみれた人達から大金をだまし取るお話です。

毎回ゲストを迎え1話ごと楽しめるドラマでした。

 

私は、後半になるにつれハマっていきました。

なかでも好きだった回は、第5話の「スーパードクター編」第7話の「家族編」第9話の「スポーツ編」で、録画していたのを2回ずつ見ました。

だいたいが大金を手にしていましたが、経費がかかりすぎて儲けがほとんどなかったりする事もあって面白かったです。

メインのゲストの他に「この人がこれしか出ないの?」という見どころもあり楽しませてもらいました。

まさかの最終回のストーリーが1番はじめの話だったので、また続けて1話から見たくなりました。

見ている方も「騙された~」となるのが楽しかったです。

 

最終回の1つ前の回に「映画化決定!!」のお知らせがあったのに最終回では、そのお知らせがなく終わったので「映画化というのも嘘??」と話題にあがっていましたが、ドラマのHPにちゃんと「映画化決定!!」と載っていました。

また、このドラマのメンバーが見られるのが楽しみです!

第4のコンフィデンスマン!?五十嵐(小手伸也さん)も良い味だしてましたね。密かに五十嵐ファンです。

 

最終回満足度:★★★★★

 

 

あなたには帰る家がある・ドラマのおかげで

 

こちらは、昔好きで読んでいた山本文緒さん原作の作品でした。

ドラマを見ても内容が思い出せず、久しぶりに小説も読んだりしながら楽しんでいました。

ドラマ「あなたには帰る家がある」原作を再読しました

 

このドラマが始まったおかげで山本文緒さんがTwitterを始めてくれました。

近況やドラマを楽しんでいる様子、ドラマの現場リポートなどツイートしてくれるのを見るのも作家さんのファンとして嬉しかったです。

 

 

第10話のカレー屋さんのシーンで山本文緒さんもカウンターに座っていたそうですが、録画していたのを見返してみましたがはっきりとは映っていないようで確認できませんでした。

ドラマは、小説よりコミカルな感じで。色々な夫婦の形を楽しめました。

 

中谷美紀さんが演じた佐藤真弓が登場する姉妹本があるそうで、紹介されています。

最終回満足度:★★★★☆

 

前半は、楽しく見られた「花のち晴れ」

「花より男子」の神尾葉子先生原作で、この「花のち晴れ」も楽しく読んでいたのでドラマにも期待していました。

前半は、原作が良い感じで実写化されているなあと見ていました。

マンガよりC5の存在感もあって、それぞれの個性も分かりやすくなっていたように思います。

紺野さんやミータン、脇のキャラクターも面白かったです。

ドラマでは、周りの大人も結構関わってくる率が高くて、本人同士の気持ちだけで動けない感じでしたね。

何か、心から主人公を応援してあげらないというか、共感出来ない部分があって残念でした。音ちゃんを応援している愛莉ちゃんですが、後半のドラマの愛莉ちゃんは音ちゃんをどう思ってるのかな~と思いながら見てしまったり...

最後も音ちゃんと晴がちゃんと会って終わってほしかったです。

マンガでは、それぞれの気持ちがちゃんと分かってもっと面白いですよ。

最終回満足度:★★★☆☆

 

原作のマンガは、8月に10巻が発売されるようですね。

楽しみです。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ABOUT ME
アバター
くま子
アラフォー&シングルウーマンのくま子です。 お仕事は接客業にも関わらず、会話の中で固有名詞ではなく「あれ」「それ」が増えてきた今日この頃... 日常の出来事で、少しでも『キラキラ☆彡と心に留まった事』をピックアップしてブログに記録する事で脳トレになればと思っています。