日常の出来事

女子マンガ

昨日のTBS系で放送されたトーク番組「マツコの知らない世界」のテーマのひとつに「女子マンガの世界」がありました。

私もかれこれ30年以上マンガを愛読しているので、興味深く観せてもらいました。その中で、だれもが幸せになれる「少女マンガ」に対しより現実味を帯びた世界を描き、その辛さや苦しみの先に希望があるような作品を「女子マンガ」というと言っていました。

確かに、大人になってから読んでるマンガは、現実味があるものが多く共感しながら読んでいますね。

なんとなく自分とマンガとの今までを振り返ってしまいました。

小学生の頃

小さい頃から、月に1冊くらい何らかの本や雑誌を買ってもらっていました。低学年の時は、学研の「科学」と「学習」という付録のついた学習雑誌だったような気がします。懐かしい~!そして、4~5年生くらいの時に母のお姉さん、私にとっては伯母さんが初めてマンガ雑誌「りぼん」か「なかよし」を買ってくれました。子供の私は、まずマンガより付録が可愛くて嬉しかったのを覚えています。しかし、その後マンガの面白さにハマっていくのです。

当時人気があって私が覚えているのが、「ときめきトゥナイト」「星の瞳のシルエット」「お父さんは心配性」など(☚リボン)「ころんでポックル」「こっちむいてラブ!」「ほほえみzooミング」など(☚なかよし)多分、はじめはどちらか1冊を買ってもらっていたと思いますが、多分1冊では物足りなくなっていつからか2冊になっていました。1冊はお小遣いか貯めたお年玉で買っていたのかなぁ~と思います。

6年生くらいの時は、月1買ってもらうのを月刊誌から「タッチ」が毎月1巻になりました。アニメで見て、マンガを読みたくなったんでしょうね。

小学生の頃は、とにかく高校生に憧れていました。高校生になったらマンガの様な事があるんだろうなぁ~と期待と妄想でいっぱいだったんでしょうね。読んでいたマンガは、ほとんど高校生が主人公でしたからね。

あと、なんとなく「17歳」という響きも好きで憧れていました。

☆彡しかし、高校生も17歳もマンガの様な事はなく(楽しかったですが)現実的な日々を過ごした、くま子でした。☆彡

大人までたどり着かなったので、続きます(^_^;)

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
くま子
アラフォー&シングルウーマンのくま子です。 お仕事は接客業にも関わらず、会話の中で固有名詞ではなく「あれ」「それ」が増えてきた今日この頃... 日常の出来事で、少しでも『キラキラ☆彡と心に留まった事』をピックアップしてブログに記録する事で脳トレになればと思っています。